八王子市高齢者あんしん相談センター子安(地域包括支援センター)・八王子ケアラーズカフェわたぼうし

Home > 安々通信 > 平成25年度 VOL.2

平成25年度 VOL.2

見守りネットワーク事業とは?
近隣住民の方、商店・事業主などの方に、見守り協力員・協力機関として登録していただき、地域の高齢者の方の見守り、声かけに協力して頂く取り組みです。
問題の早期発見、安否確認をできる仕組みを作るために、八王子市の事業として行われています。

地域の方の協力がなぜ必要なのか?
町内会や自治会一緒に生活されているみなさんだからこそ、協力員・協力機関といて出来る役割があります。
① 挨拶など、日常生活の中で気軽に話が出来る関係を築きやすい。
② 町会の中でさりげない見守りが出来る
③ 今までの様子から、高齢者の変化に気付きやすい。

協力員・協力機関の役割とは?
近所に、気になる高齢者の方がいて、“いつもと何かが違う”、”最近、生活に困っている”など、何かおかしいと感じられた時、地域の民生委員や地域包括支援センター子安に連絡をしていただく役割を担っていただきます。内容や状況を判断し、地域包括センター子安が、適切な相談支援を行っていきます。

Download